ホーム インテリア サブバッグ 長いものを包む ノベルティ お弁当包み 撥水風呂敷 オリジナル サイトマップ

風呂敷のある生活

風呂敷をオーダーするときに役立つ素材の知識

風呂敷を楽しむ

「風呂敷」と聞くと日本の古き良き歴史を感じられる存在というイメージを
お持ちの方も多いかもしれませんが、使用できる「素材」は時代とともに豊富になっています。

そのため、「風呂敷」をオーダーするにあたっては使用目的にもっとも適した素材を選ぶことが重要です。
これによりその見た目はもちろんのこと手入れの方法も大きく変わってくるためです。

まず、多くの方が「風呂敷」と聞いてイメージするのは「縮緬(ちりめん)」と呼ばれる
強撚糸織物という方がほとんどでしょう。

その「風呂敷」といえば多くの人がイメージする代表的な素材である「縮緬(ちりめん)」の最大の特徴は、
絹特有の光沢感と発色性に加えてふっくらとした風合いに由来した上質感にあります。

ただしデリケートな存在故にドライクリーニングしか行うことができず当て布をして
丁寧にアイロンをかけなければならないなどその扱いはやや面倒な点がデメリットと言えます。

そんな取り扱いにくさが気になるという方は家庭でも気軽に洗濯でき吸湿性にも優れている
普段使い向きな天然素材「綿」を選ぶのがおすすめです。

綿風呂敷

特に丈夫でしっかりと結ぶことができるので運搬用にも適している点も大きな魅力と言えるでしょう。
さらに使うほど柔らかくなり肌になじんでいく点もその大きな魅力です。

ただし、「縮緬(ちりめん)」のものに比べるとやや上質感は劣るかもしれません。
そのほかにも薄くて軽量で最もコンパクトにたためる「ナイロン」なども使い勝手の良さがおすすめです。
ぜひ参考にしてみてください。

Copyright(c) furoshiki life. All Rights Reserved.